リスクを回避せよ!不動産投資 タイトル画像
なぜか、不動投資を行うと、税金が安くなるって、信じられますか?
不動産投資のリスクを減らす! TOP画像
  1. 不動産投資のリスクを減らす! TOP   >
  2. なんと、不動産投資で税金が安くなる!?

なんと、不動産投資で税金が安くなる!?

節税効果が期待できます。

この不動産投資で一番驚くべきことは、「投資を行うことによって税金が安くなる」ということでしょう。
これはもちろん 不思議に思われることだと思います。では、このページでは、不動産投資を行う事によって、税金などはどうなるのか、説明していきましょう。広島の賃貸情報で税金対策もできて収入も得られれば最高です。

まず、不動産投資の特徴の1つとしてよく言われているのは「節税効果」ということです。

まず、不動産投資を行うことによって税金が安くなる税金は「所得税」「住民税」「相続税の3つの税金です。
所得税と住民税の節税効果についての説明を先に行っておきましょう。
不動産投資において得られる収入については、「不動産所得」として、毎月もらっている給料・そしてボーナスとは別に申告しておきます。(給料やボーナスは「給与所得」に該当します)
この時に、不動産所得の必要経費として、「減価償却費」というを計上することが可能になります。
この減価償却費というの、実際の支出を伴っていない必要経費となりますので、実際の現金収益・そして税金計算上の収益というのは
減価償却費の分だけ差額が出てくることとなります。
これはつまり、手元に残る資金が多くなることを意味します。
そして、もし不動産所得の方が赤字となってしまtった場合、その赤字は、給与所得と相殺することが可能ですので、
結果としては、支払うべき所得税や住民税が少なくなるということです。

pickup

2017/12/8 更新

ページ上部へ戻る